ホーム > 損切りvs塩漬け
  
厳選取引会社
投資スタイルで選ぶ取引会社
ちぐさセレクト初心者向けFX取引会社
ちぐさセレクトFX取引会社1
ちぐさセレクトFX取引会社2
ちぐさセレクトFX取引会社3

絵本&投資コラム
ハチ★お金持ちへの冒険
複利大好き!
今から始めれば億もあり得る!?
スワップと複利の偉大なる関係
投資をはじめる理由
お金と感情
ちぐさの1,000万円計画
ちぐさの1,000万円計画

はじめて編

いよいよ編
もっともっと編
情報に惑わされるな!情報を選ぼう!
損切りvs塩漬け
ちぐさの師匠もすすめるレポート
おまけ編

損切りvs塩漬け

損失を管理するのは大事です。
利益 − 損失 = もうけたお金 なので、
利益を大きくするとともに、損失をちぃーーーーっちゃくするのも大事なんです!(断言)

そんな損失ですが、投資家さんをの取引を見ていると
(投資家さんのブログを読むのが趣味なちぐさ)
損失の対処の仕方が2通りあるんですよね。
損切り vs 塩漬け
あなたは、含み損が出たときに、損切りをしますか?
それとも、塩漬け?

★損切りとは、損失をそれ以上拡大させないために、
  一定の含み損が出た時点で、損失を確定してしまうことを言います。

★塩漬けとは、含み損が出ても確定せず、スワップポイントで損失の穴埋めをしたり、
  相場が回復するまで、ポジションを持ち続けることを言います。

ちぐさが、研究するに(眼鏡キラーン)、
損切りをしっかり管理して、もうけている投資家さんもいれば、
塩漬けしながら、もうけている投資家さんもいらっしゃいます。

どちだが正解っていうわけでもなく、どちらも正解なんだと思います。

じゃぁ、いったい自分はどっちがいいんだろう?

そんなあなたのために、ちぐさが、
損切りが向いている人 と 塩漬けが向いている人 とを考えてみました。
どうぞご参考にしてください。

    
損切りに向いている投資家
塩漬けに向いている投資家
投資スタイル
デイトレ スイング 中・長期
口座評価額と
保証金の割合
口座評価額に対して、必要証拠金の占める割合が高い。 口座評価額から、必要証拠金を差し引いても十分余裕がある。
ポジション
スワップポイントを支払うポジション スワップポイントを受け取るポジション
投資資金
資金がまだ少ない 資金が十分にある
性格
せっかち 待つのが苦手 のんびり 待つのが苦にならない
目標
目標の年利を高めに設定 目標の年利は無難に設定
取引数
取引回数は多め 取引回数は少なめ

まず、1番重要なのは、口座評価額と保証金の割合です。
ほんっとココ重要(メモしてメモして笑)

なぜかというと、口座評価額に対して、保証金の割合が高いということは、
少し相場が不利に動いただけで、ロスカットされる恐れがあるからです。

つまり、塩漬けして、スワップポイントで含み益の穴埋めをしたり、
相場が持ち直すのを待とうとしても、その前に、
余裕資金が少ないため、強制決済される可能性が高くなっちゃうのです。

なので、口座評価額に対して保証金の占める割合が高い場合、
塩漬けには向いていません。
それに、塩漬けしてしまうと、投資資金が少ない状態での取引になるので、
他の取引ができなくなってしまったりもします。

それから、そのときのポジションも重要。
スワップを支払わなくてはいけないポジションでの塩漬けは、
早めに損切りするのをオススメします。

含み損をスワップポイントで穴埋めするどころか、穴をもっと大きくすることになります。
しかも、どんどんどんどん損失が大きくなって、損切りするタイミングを失ったりして、
これまたどんどんどんどん損失が大きくなる、という悪循環にはまりやすいのが、
スワップを支払うポジションの含み損です。

毎日、支払うスワップポイントを見るのは、かなりのストレスですしね。

では、ここで、ふたつの短所と長所についてお話します。

損切りのいいところ というのは、
投資資金を最大限に利用できる、ということです。
早めに損切りをすれば、資金は減ってしまいますが、他の取引に資金をまわすことができます。
また、塩漬けしているときと違って日々のストレスが少ないでしょう。

ポジションを長く持つ、ということは、大きなリスクなので、そのリスク回避にもなります。
(ポジションを長く持つのは、日々、相場が急激に動いたりする可能性があるので
それだけでリスクになるとも言えるのです)

反対に短所は、損失を確定してしまうことです。
次の日に、相場が回復したとしても、決済した後にはどうにもならないということです。

塩漬けのいいところは、
資金に余裕があるなら、損失を出さないで済むということ。
うまく取引すれば、損失がほぼゼロというのも有り得るかもしれません。

短所は、もしかしたら、相場がずっと不利な方向に動くかもしれませんし、
それを日々見つめているのは、たいそう心が痛むことでしょう。

それに、いくら資金に余裕があるといっても、
為替の世界は何が起こるか分からない世界。
一気に10円下落、なんてことも有り得るのです。
そのときに、強制決済されてしまえば、大損失が確定されてしまいます。

と、こんな具合の、損切りと塩漬けですが、
ポジションによって、どちらかを選んだりするのもアリなので、
どちらが向いているのか、よくよく考えて取引しましょうね。

 

このページの上へ / ホーム / ちぐさの師匠がすすめるレポート


ご意見・ご感想・ご連絡はこちら☆★Mail★☆

当サイトは制作過程において細心の注意を払っておりますが、誤った情報や、期限の切れた情報が掲載されている可能性もあります。
恐れ入りますが、情報の正当性や、投資における損害等について責任は負いかねます。
最終的な判断および投資は自己責任の元でお願いいたします。

Copyright © 2005-2006 Chigusa All rights reserved.
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO