ホーム > スプレッドと手数料
 
厳選取引会社
投資スタイルで選ぶ取引会社
ちぐさセレクト初心者向けFX取引会社
ちぐさセレクトFX取引会社1
ちぐさセレクトFX取引会社2
ちぐさセレクトFX取引会社3

絵本&投資コラム
ハチ★お金持ちへの冒険
複利大好き!
今から始めれば億もあり得る!?
スワップと複利の偉大なる関係
投資をはじめる理由
お金と感情
ちぐさの1,000万円計画
ちぐさの1,000万円計画

はじめて編

いよいよ編
もっともっと編
情報に惑わされるな!情報を選ぼう!
損切りvs塩漬け
ちぐさの師匠もすすめるレポート
おまけ編

スプレッドと手数料

2 way プライスとスプレッド

テレビのニュースで、アナウンサーが、
「現在、外国為替市場では、円相場1ドル105円50銭〜55銭で取引されています。」
と言っているのを聞いたことありませんか?

アナウンサーさんの急に真面目になった声を聞きながら、わたしは、

「ふ〜ん。1ドルの為替レートが105円50銭と105円55銭の間を
 行ったり来たりしているってことなんだろうな。」

なんて思っていました。

でも、本当は、この50銭〜55銭というのは、実はこういう意味なのです。
『今、あなたは105円55銭で1ドルを買うことができますよ』
『今、あなたは105円50銭で1ドルを売ることができますよ』


つまり売買は同じ値段ではできないのです。
外国為替証拠金取引でよく聞く“2 way プライス”とは、
日本語にすると「2通りの値段」という意味です。

このように
「買う値段=買値」「売る値段=売値」の2通りがあるよ、ということです。
外国為替証拠金取引では、買値のことを Ask 、売値のことを
Bid と呼んでいます。

そして、この、105円50銭と105円55銭の差額を
スプレッドといいます。
この場合の
スプレッドは5銭というわけです。

このスプレッド。安いほうがいいでしょうか?高いほうがいいでしょうか?
答えは、もちろん安いほうがいいです!

このスプレッドも取引会社によって異なります。
手数料が安く設定してあっても、スプレッドが高かったら、あまりいい会社とは言えません。
スプレッドも手数料と考えて、かしこい会社選びをしましょう♪

また2 way プライスきちんと表示してある会社を選ぶことも大事です。
両方表示されないと、スプレッドがいくらなのかがわかりませんからね!

わたしのおすすめ取引会社はこちらです〜。どうぞ、おいでやす(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手数料

外国為替証拠金取引をするときには、手数料を支払わないといけません。
最近手数料0(ゼロ)の会社も出てきましたが…。
この手数料は、一般的に、片道1通貨あたり○銭と決められています。

この、片道というのは、一回の売り・買い のことです。
ドルを買ったら、そのドルを売る(決済する)までは損益は決まりません。

ドルを買う        ← これで1回目(片道)
ドルを売る(決済する) ← これが2回目(片道)

損益が確定するには 片道の手数料×2が 必要なのです。

片道手数料 × 2 = 往復手数料 

1通貨当たり10銭の場合、
1万通貨を買うと、手数料は1 , 000円(片道)
1万通貨を売る(決済する)と手数料は1 , 000円(片道)
結局、2 , 000円(往復)かかる、のですね。

またデイトレードの場合は手数料が片道分割引きになったりする会社もあります。
デイトレードというのは、1営業日中に
買いポジション、または売りポジションをもって、決済までしてしまうことです。

手数料は会社によってすごく幅があります。
なんせ0円のところもあれば、45銭のところもあります。
この手数料はもちろん少ないほうがいいですよね。
会社を選ぶときは、手数料も忘れずにチェックですよ!


厳選!初心者におすすめ取引会社

 

ご意見・ご感想・ご連絡はこちら☆★Mail★☆

当サイトは制作過程において細心の注意を払っておりますが、誤った情報や、期限の切れた情報が掲載されている可能性もあります。
恐れ入りますが、情報の正当性や、投資における損害等について責任は負いかねます。
最終的な判断および投資は自己責任の元でお願いいたします。

Copyright © 2005-2006 Chigusa All rights reserved.
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO