ホーム > 為替がわかる!為替のあいうえお > 外国為替市場ってどこなの?
  
厳選取引会社
投資スタイルで選ぶ取引会社
ちぐさセレクト初心者向けFX取引会社
ちぐさセレクトFX取引会社1
ちぐさセレクトFX取引会社2
ちぐさセレクトFX取引会社3

絵本&投資コラム
ハチ★お金持ちへの冒険
複利大好き!
今から始めれば億もあり得る!?
スワップと複利の偉大なる関係
投資をはじめる理由
お金と感情
ちぐさの1,000万円計画
ちぐさの1,000万円計画

はじめて編

いよいよ編
もっともっと編
情報に惑わされるな!情報を選ぼう!
損切りvs塩漬け
ちぐさの師匠もすすめるレポート
おまけ編

外国為替市場ってどこなの?

市場 といえば、あなたはどんなところを思い浮かべますか?

がいっぱいならんでいて、魚屋さんや、おすし屋さんが仕入れに行くのは「魚市場


野菜
がたくさん積んであって、八百屋さんや、レストランが仕入れに行くのは「野菜市場

いろんなお金(通貨)の種類があって、
お金の交換(売買)をしているのが「外国為替市場」です。

でも、や野菜の市場とはちょっと違うところがあります。

あなたが魚や、野菜を市場で買いたいなら、
その市場がどこにあるか、を知ってないとダメですよね。

でも「外国為替市場」には住所がありません。

通貨を交換しようとする銀行や金融機関は、
それぞれが世界中にいながら、電話やインターネットを通して取引をしています。

このような、取引参加者どうしのつながりのことを、外国為替市場と言います。
市場といっても、ある決まった場所で取引(通貨の交換)をしているのではないのですね。

外国為替市場は、参加者のほとんどが銀行なので、
インターバンク市場(銀行間市場)とも言 われています。

あなたが取引をしたい場合は、
このインターバンク市場に参加している銀行や、金融機関から、通貨を買ったり売ったりします。

わたしたちのような、個人投資家(かっこよくない!?)や
一般消費者(たとえば、海外旅行に行くために円を他の通貨に交換する人)や企業と、
インターバンク市場に参加している金融機関との取引を、対顧客取引といいます。

インターバンク市場に参加している銀行にとって、
わたしはたちは顧客(お客様)なので、対顧客取引なのですね。

 


このページの上へ
 / ホーム / 外国為替レート(相場)ってなに?


ご意見・ご感想・ご連絡はこちら☆★Mail★☆

当サイトは制作過程において細心の注意を払っておりますが、誤った情報や、期限の切れた情報が掲載されている可能性もあります。
恐れ入りますが、情報の正当性や、投資における損害等について責任は負いかねます。
最終的な判断および投資は自己責任の元でお願いいたします。

Copyright © 2005-2006 Chigusa All rights reserved.
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO